いつまで鬱で悩んでるの?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで鬱で悩んでるの?

自身の鬱体験と、鬱持ち引きこもりでも稼げるか?の挑戦日記

鬱の人にとっては「お金」=「安心感」だとつくづく感じます


こんばんは

すみすです。

 

今日も、過去最高のPV数になりました。

7506PVです。

 

1日7000PVだと1ヶ月21万PVですよね。

ちょっと月間10万PVや月間20万PVの世界がどんな感じなのか体感できた感じがします。

 

今日の収益は今集計中なのでまだわかりませんが、だいぶ収益が安心できる額に近づいてきました。

 

 

僕は鬱を持っていて、発作が出ると本当に死にたくなります。

そして自殺をすることを本気で考え、行動する一歩手前くれいまでいってしまうんです。

 

それで、鬱というのは貧乏と密接に結びついていて、実際貧乏が解消されると鬱というのは良くなってくる気が最近するんです。

 

海外の研究で、鬱の人に月に一定のお金をあげる実験をしたそうです。

そうしたら、鬱の症状が良くなったそうなのです。

 

「鬱」の治療が先か、

「貧乏」の治療が先か、

 

という話になるのですが、僕的には貧乏を抜け出してしまった方が鬱が良くなるのが早いのかも?と最近感じています。

 

 

一時期は「お金がなくても大丈夫」と自分にいい気かせていたのですが、実際本当にお金がなくなってくると、そう言っている場合じゃなくなってくるんです。

 

生活費やクレジットカードの請求の電話は毎日かかってくるし、それでお金を払わなかったらブラックリストに載ってしまって今後の生活に影響が出てしまいます。

 

そういうどん底の貧乏と鬱を経験すると、本当にお金って生活の基盤なのだなぁと感じています。

 

 

だから、お金というのはすごい安心感に繋がってくる気がします。

「世の中お金じゃない」

たしかにそうかもしれない。

 

でも、貧乏な人がそれを言っても僕はあまり説得力を感じません。

だから僕は、ある程度お金に余裕ができたら「世の中お金じゃない」って言ってみたいなと思ってるんです。

 

前回の記事にも書いたのですが、これからはあまりネットの表に出ずに、どんどんブログを大きくしていって、収益を拡大していけたらと思っています。

 

実際、ブログを始めた2ヶ月前よりも、ブログで毎日ある程度のお金が入ってくるようになった最近とでは、全然気持ちが違います。

全体的にリラックスする時間が前より増えました。

 

「自分は大丈夫だ」って。

 

でも、まだブログからの収益だけで生活できるレベルになっていないので、そうなったらどういう心境になるかは、またこのブログで書いていけたらと思っています。

 

そして、生活できるレベルになっても、更なる拡大目指して頑張っていきたいなと思っています。

ブログやその他のビジネス(自分で営利活動をすること)のいいところは、自分次第で収入がいくらでも増やせるってところですよね。

 

バイトをするとその日にもらえるお金って決まってますが、ブログは決まっていない。そこに凄いおもしろさを感じています。