いつまで鬱で悩んでるの?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまで鬱で悩んでるの?

自身の鬱体験と、鬱持ち引きこもりでも稼げるか?の挑戦日記

ブロガーは今日俺が出会ったソフトバンクの神店員を参考にしろ

ブログ運営

上戸彩20歳写真集「Breath」

 

ども、すみすです。

 

ライン@募集2日にして登録者が20名を超えてびびってます。

 

まだ募集してるので、下の僕のツイッターのプロフィールから登録しておくれ。

毎日の収益とアクセスの細かい内訳を公開してるよ!

 

さきほどソフトバンクショップに行ってきたのだが、店員が神で、ブロガーは見習わないといけないと思ったので紹介。

 

(やっぱ上戸彩ってかわいいわ)

ソフトバンクの神店員

その人は勤続16年の大ベテラン。

僕は月々のプランを見直しに行ったのだが、彼の提案を聞いていたら「家の固定Wif」iと、母をドコモからソフトバンクに乗り換えさせようとすら思ってしまった。

 

俺は基本いつもソフトバンクの営業トークが嫌で、考えるのもめんどくさいので

 

「検討しときます」

 

と言って逃げるのだが、その神店員の提案を聞いていると、「まじで本気で見直そう」と思ってしまった。

 

そしてブロガーは彼から学べることが多いと思った。

 

自信半端ない

その神店員と他の店員との大きな違いは自信が半端ないこと。

なんだろうか、なんか言葉にできない自信があった。

 

その人と話していると、「ここまで熱心に説明してくれるなら、こっちもしっかり話聞かないとな」と思ってしまう。

 

客の本当に求めているものをキャッチするのが上手い

あとその店員は、僕が求めているもの(月々の支払いを極力下げたい)というツボを見事についてきた。

 

普通だったら「こんなサービスやってるので良かったらどうぞ」的な感じなのだが、その神店員は

 

「私にすみすさんの料金がより少なく済むようお手伝いさせてください」

 

と言ってきた。

 

そうすると、こっちも提案をされている側から、「この店員さんと一緒に料金をなるべく安くなるように考えよう」という気持ちになる。

 

俺VS店員

 

という構図が、

 

俺→すみすの料金安く

店員→すみすの料金安く

 

と一緒の立場でものを考えているような感覚に変わったのだ。

 

押しが強い

そしてここぞという時の押しが強い。

少し強引と感じてしまうくらいだけど、嫌ではない。

 

なぜなら、先ほどすでに同じ立場で俺の料金プランを考えている感覚になっているからだ。

 

これがいきなり押しを強くされたら嫌な気分になっていただろう。

 

ここぞという時に、「これは今加入しておくべきです」と言ってくる。

 

神店員「むしろ16年やって下手だったらダメです」

あまりにその神店員がスムーズに、俺のツボをついて色々と紹介してくれたので、俺は思わず、

 

「いや〜めちゃくちゃ提案上手いですね」

 

と言ってしまった。

 

そしたらその神店員は、

 

「むしろ16年やって下手だったら何してたんだお前ってことになりますからねぇ」

 

と言っていた。

確かにそうだがこの人、プロ意識が半端ないと思った。

 

ブロガーも参考にしろ

これはブロガーにも大切なことだ。

 

相手と同じ立場に立ち、相手と同じ目線で、相手の解決策を考える

 

そして、ここぞという時に押しを強くする

 

ブロガーは、アフィリエイターと比べると押しが圧倒的に弱い。

多くのブロガーは人を集めるのは上手いが、何かを提案し、売るのが下手だ。

絶対にそんなにアクセスがあったらもっと売り上げを上げられるはずなのに、しょぼくなってしまっている人は多い。

 

だけど、ブロガーがこの神店員のように相手と同じ立場に立ち、ここぞという時に押しを強く記事で提案できたなら、売り上げは倍増するだろう。

 

俺も押しが弱かったなと反省した。

 

だって、自分が使っていい商品なのに、「絶対購入すべき」とまでは言い切れていなかった。

その押しの弱さが、俺の今のしょぼい売り上げにつながっているのだろう。(といっても昨日は8000円ほどであったが、詳しくはLINE@で)

 

「相手と同じ立場に立ち、オススメと思うものをオススメと言い切る、推しを強く」

 

参考にしよう。

 

 

【今日の豆知識】

ゴリラの一種「ニシローランドゴリラ」の学名は、「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」である

Wikipediaで調べてみてね!