いつまで鬱で悩んでるの?

いつまで鬱で悩んでるの?

自身の鬱体験と、鬱持ち引きこもりでも稼げるか?の挑戦日記

すみすのプロフィール〜学校のスーパーマンから鬱になるまで〜


読者数が200名を超え、そういえばちゃんと自己紹介の記事を書いていなかったと思い、プロフィール記事を書いてみたいと思います。

 

現在

25歳の大学3年生。4月から大学4年生に進級予定。

この歳でいまだに大学3年生なのは、企業のインターンをしたり、社長さんに会ったり東京で起業活動をしていて休学をしていたからです。

また、それと同時に鬱もひどくなり、「大学に行きたくなかった」というのも休学をしていた理由です。

 

現在は大学に通いながらブログを書いて収入を得ています。

 

ブログの結果変遷▼

2016年9月:7753PV 収益2085円

2016年10月:28972PV 収益7466円

2016年11月:10376PV 収益45622円

2016年12月:209347PV 収益133448円

2017年1月:276869PV 収益194865円

2017年2月:271667PV 収益422571円

 

もっと収益について詳しく知りたい方にオススメの運営報告記事▼

www.itsumade-utsu.com

 

現在は携帯代やクレジットカードの支払いをブログのお金で賄いながら貯金をしつつ、だいぽんさんのような月に1000万円以上収入があるような経済自由人を目指しています。

 

働くということが極度に嫌いなのと、今は働く必要がないのでアルバイトは一切していません。そしてこれからも働かずに生きていきたいなと夢を抱いてます。

 

以下の大学時代にも書いたのですが、以前は塾講やアパレルバイトなど色々なバイトをしていました。

 

以下僕の経歴です▼ 

小学校時代

小学校時代は活発な男の子でした。ケンカっぽい感じもあって、自分の言いたいことはなんでも口にするタイプ。

また、自分の意見に自信を持っていて、学校では良く発表をしていました。

 

毎回のテストはほぼ90点〜満点、そしてピアノの伴奏などをしていたので、結構モテました。

 

ですが、小学校4年生の時と6年生の時に仲の良かった友達にいじられたり、ハブにされた経験から、少し自分に自信が無くなりました。

 

この経験が、のちの鬱につながっていきます。

 

中学時代

中学校では、テニス部に入り1年生の時からレギュラーになりました。

その後副部長に。

こう聞くと部活も順風満帆に見えますが、内心は1年生の時から部活を辞めたくてしょうがなかったです。

ですが、顧問の先生が怖かったので言えず。。。

 

また、

試合に極度に恐怖心を感じるので毎回地獄のようなプレッシャーと戦っていました。

一応大会で優勝などをしたものの、この試合本番の緊張と恐怖の経験から、「自分はダメなやつなんだ」という自己否定が始まりました。

 

成績は3年生の前期にオール5を取るなど、

国数英理社以外にも体育や家庭科、美術など、マルチに一定以上の能力がありました。

 

また、ピアノの伴奏をしたり、生徒会長もしていたので、

はたから見たら学校のスーパースターのように見えたでしょう。

客観的に見ると文句のつけどころがないような生徒だったと自分でも思います。

 

また、そんな感じだったので、中学まではそこそこモテました。

 

ですが中学校の時のテニス部の恐怖心や、中学1年生の時にクラスメイトの男子にいきなり口を聞いてもらえなくなる経験から、さらに自分に自信をなくし人が嫌いになっていきます。

 

高校時代

ここから僕のダークサイド(暗黒面)がどんどん顔を出してきます。

 

第一志望の高校に入れたものの、初回授業のレベルの高さに驚愕、自分の学力への自信がなくなり、それがテニス部の時の自己否定と合わさって、自分を更に否定していきます。

 

高校1年生の時はまだそこそこ楽しめていたものの、

高校2年生の時に僕にとっては衝撃の事件が起こります。

 

高校2年生の時に中学校のスーパーマン気取りの名残で文化祭のリーダーをやったのですが、

自分は実はリーダーの器ではなかったということと、クラスの人が非協力的なこともあって上手くいかず完全に自信喪失。

 

文化祭当日になるのが怖くて、トイレにこもり母親に「もう無理だ!!!」と泣きながら電話をしました。

 

詳しくはこの記事▼ 

www.itsumade-utsu.com

 

そして文化祭以降、完全に自分に自信がなくなり、極度の内向型の人間になっていきます。

学校で安らげたのはトイレと、ピアノの練習室。

それ以外ではいつも人目を気にして気を張っているようになりました。

 

大学時代

高校時代はクラスで40人中33位くらいの成績で、5段階中2とかを連発していましたが、

高校3年生の4月から東進衛星予備校に入り、英語の授業がわかりやすくて面白く、勉強に目覚めます。

 

そしてクラスで40人中10位、成績も5 or 4くらいまでに回復。

高校3年生の4月のセンター模試は7科目40%でしたが、翌年1月の最後のセンター模試では7科目80%までになりました。

 

そして第一志望の大学に現役合格。

落ちこぼれからなんとか大学に入ることができました。

 

大学では塾講で集団授業をしたり、吹奏楽のサークルの指揮者などをしていました。

また、大学2年生から2年3ヶ月、ほぼ同棲状態で付き合った彼女もいました。彼女とはケンカばかりしていました。

 

はたから見るととてもリア充に見えますが、

高校からの人間への恐怖心や、自信の無さは消えるどころかどんどん大きくなり、

それを表面的に隠しながら大学生活を送っていました。

 

小学校の時は自分の言いたいことをいうタイプでしたが、

大学になると、なかなか自分の言いたいことが言えず、人に合わせることが多くなっていきました。

 

そして大学3年生の1月、

自分の自己否定感が限界点に達したのか、自分の太ももを思いっきり殴って「俺はなんてダメなやつなんだ!!」と自分をせめるようになりました。はたから見るとコントみたいですが、笑

 

ですがこの時にはっきりと、自殺願望、「死にたい」と本気で思うようになりました。

 

中学校までのピアノ、勉強、コミュニケーション、などなど自信があったものが大人になるにつれてどんどん消えていき、ついには何一つ自信を持てるものがなくなりました。

 

大学を休学

そしてこの鬱になるちょっと前の時期に外の世界を見てみたいと思い1回目の休学。

アパレルやITコンサルの企業の短期のインターンなどを受けて世の中は経済が中心だ、資本主義社会なのだ、ということを知りました。

 

また、DENAなどの大企業にいき、世の中には圧倒的に自分にはかなわない能力がある人間がいるのだと認識。

そこから就活への意欲も無くしていきます。

 

そしてその後復学するも、今度は起業の世界に興味を持ち2回目の休学。

東京の池袋近くに一人暮らしをして本気で起業をしてお金持ちになり、生きていくと決意しましたが、鬱が悪化しほぼ寝たきりの状態になり実家に6ヶ月ほどでとんぼ帰りになります。

 

そして一度はやめようと思った大学をきちんと卒業しようと思い復学。

 

ブログを始める

大学に復学したものの、自分の鬱は治らず、毎日365日自殺願望がありました。

お風呂場の電気が丈夫だったのでそこに細い革のベルトをくくって自殺しようとイメージしていました。

 

鬱になったのは、自分に誇れるものや、自信となるものが何一つなかったのも原因です。

 

そして家に引きこもってネットばかりしていたのですが

月々の支払いをしなければならず、どうしようか路頭に迷っていたところ、

以前見かけたイケダハヤトさんがブログで圧倒的に稼いでいることを知ります。

 

また、

あんちゃさん、やぎぺーさん、ヒトデさんなど、

ブログで収益を出していて、かつ僕と同世代、そして距離感が近い人がいることを知り、自分もブログで収益を上げたいと思うようになります。

 

そして9月16日にはてなブログに登録をしてブログを開始。

www.itsumade-utsu.com

 

もともと起業をしようと思っていた時に、ネットで稼ぐ方法を色々と知っていました。

なので稼ぐイメージができて、それがすぐに行動できた理由だと思います。

 

また、

自分は勉強をするだけで行動できないタイプだということを良くわかっていて、

そしていつも行動せずに結果が中途半端に終わるということも自覚していたので、とにかく記事を書くこと、そして結果(PVと収益)を出すことにこだわって運営をしていきました。

 

最初の目標は「アルバイトをしないでも月々の支払いをできるようになること」

でしたが、12月は3回ほど、2017年1月は完全にアルバイトをせずにブログからの収益だけで月々の支払いができるようになりました。

 

そして2月に運良く42万円の収益になり、

かなりお金の不安が減りました。

 

現在は、日々記事を書いてお金を稼ぎつつ、

だいぽんさんのような経済自由人を夢見ています。

 

鬱は完全には治っていませんが、

去年の9月よりはだいぶ楽になってきていると感じています。

 

という感じで僕のプロフィールを書いてみました。

需要あった?

 

という感じでこれからもよろしくお願いします。