いつまで鬱で悩んでるの?

いつまで鬱で悩んでるの?

自身の鬱体験と、鬱持ち引きこもりでも稼げるか?の挑戦日記

【悲報】もしもアフィリエイトの振込が4ヶ月先だと判明


ブログに挑戦中のすみすです。

4月に入ってからとても体調が悪く、好きなガンプラさえ作るのがおっくうな状態。

ソファーからまったく動けない状態でした。

 

ですが、今日の昼くらいから悪霊が取れたように行動できるようになりました。

そこで、この機会に一度記事にしたいと思ってたもしもアフィリエイトの振込について書いてみたいと思います。

 

これ、先月に知って衝撃を受けたんですよ。

振込おそ!!!!!!

って。

 

その詳細についてと、僕なりにもしもアフィリエイトを今後つかっていくのかどうか書きたいと思います。

 

もしもアフィリエイトの振込先が4ヶ月後の理由

まず、この記事を読まれている方は、なぜもしもアフィリエイトの振込が4ヶ月先なのか?その理由や詳細について知りたいと思います。

 

僕は今年2017年1月からもしもアフィリエイトの良さを知り楽天の公式アフィリから切り替えました。

この記事に一度詳細についてまとめました。 

www.itsumade-utsu.com

この記事では、

・楽天公式アフィリが10%の手数料を引かれたり、現金化するのにとても手間がかかる、だからもしもの方がいいよ、もしも最高!

と書いてました。

 

この時はまだもしもの振込の遅さについては知りませんでした。

 

3月にもしもからお金が振り込まれない

僕がもしもの振込の遅さに気づいたのは、こないだの2017年3月。

1月のもしもの報酬は4590円でした。

f:id:hikiyosesmith:20170406211445p:plain

 

もしもアフィリエイトは、「成果額が1000円以上になると翌々月末に振り込まれる。」

というとのことでした。

 

なので僕は「1月に4590円成果が発生したのなら、3月末に振り込まれるだろう」

と勝手に思ってました。

 

3月末になっても一向に振り込まれる気配なし

そんなつもりで初めてのもしもからの振込を楽しみにしていたところ、

3月が終わっても振込がありませんでした。

 

ん?

 

気になった僕はすぐさまもしものサポートに「どういうことですか?いつになったら振り込まれますか?」と連絡。(実際のメールはもっと大人の文章です)

 

質問は、もしもアフィリエイトの管理画面の下「お問い合わせ」から簡単にできます。▼

f:id:hikiyosesmith:20170406211816p:plain

 

もしもの神対応

素晴らしかったのは、もしものお問い合わせの返信の早さ。

3月28日の昼12時頃に問い合わせをしたら、翌日3月29日の17時28分に返信がきました。

すごいスピード対応で、以前問い合わせをしたときも、翌日にサポートデスクから返信がきました。

内容はこんな感じでした。▼

f:id:hikiyosesmith:20170406212534p:plain

ご丁寧に確認の仕方まで教えてくれてここも神対応でした。

 

本題に戻ると、

なんと!1月の成果が承認されたばかりだということが判明。

通常僕がやってきたアフィリエイトは、「成果が反映した翌々月に振り込まれる」ということが通例だったため、承認されたかどうかについては全く考えていませんでした。

 

もしもアフィリエイトの振込について確認すると

 

「成果が承認された翌々月末に振り込まれます」

 

とのこと。

あちゃーーーーーここに落とし穴がありました。

 

1月の報酬はいつになったら振り込まれるのか?

ここまでをまとめると、1月の僕のもしもの報酬を例にすると

1月:4590円の成果が発生

3月15日:3913円が承認される

5月末:1000円を超えているので3913円が振込予定

 こういうことになります。

ここがタイトルにある、振込が4ヶ月後の真相です。

 

1月に発生した成果が、2ヶ月後の3月15日に承認

そして振込が承認の翌々月末(5月末)というわけです。

 

楽天の承認が遅い

そして、楽天の承認が遅いということが判明しました。

もしも経由の楽天の場合、成果が発生した翌々月の15日(4月に発生なら6月15日)に一括承認されます。

 

他の案件ももしもでやっているのですが、

2月に発生した別の案件15000円は3月28日に承認されました。

 

ここまでわかったのは

・楽天は「翌々月の15日」に承認

・別の案件は「翌月末」に承認

ということ。

 

楽天の承認がいように遅いことがわかりました。

 

すみすはこれからどうするか?

僕は3月にもしものお金が振り込まれると思ってたので結構なショックを受けました。

それ以外にも、先ほど見えてしまっていましたが、2月、3月は4万円〜5万円ほど楽天で報酬が発生していたので、この振込も4ヶ月後になってしまうことが判明しました。

 

実際のお金の振込の流れをまとめると、

1月発生:4578円→5月末に振込

2月発生:40277円→6月末に振込

3月発生:53829円→7月末に振込

こうなります。

 

この3月に発生したお金が振り込まれるのは7月、すでに夏です。

これはちょっと遅すぎますよね。

 

それでも僕は、もしものままでいく

ここまで遅いともしもアフィリエイトから撤退して、楽天の公式アフィリに戻そうかな?と何度か考えました。

ですが、結論からいうと、僕はこれからももしもアフィリエイトのままでやっていきます。

 

楽天の報酬を初めて現金化してみた結果

もしも経由では「なく」、直接楽天公式アフィリから現金を受け取る場合どうなるのか?

すみすは3月に初めて楽天から現金を受け取りました。

 

「楽天公式アフィリ」の現金化までの経緯は以下の通り

 

楽天銀行を開設(1週間くらい)

1月に発生した報酬1万円が3月10日に確定

楽天キャッシュで現金化(しかしできるのは3000ポイント以上のため、7000ポイントのみ)

7000円を楽天キャッシュで現金化する際、10%の手数料が引かれて6300円に

結論:楽天で1万円分を現金化しようとすると6300円になる

 

こんな感じになりました。

まず、めちゃくちゃ複雑でした。「楽天キャッシュどこ?どうやって現金化するの?」みたいな感じです。

 

楽天はとにかく現金化して欲しくなく、楽天ポイントとして楽天でお買い物をしてほしいという魂胆が見え見えで、本当に現金化が大変でした。

 

それに加え、

1万円分を現金化しようとしたら、実際に手元に現金としてきたのは6300円になってしまいました。

1万円稼いで現金として使えるのは6300円、、、少なすぎやしませんか?

 

もしもアフィリエイトと比べてみる

では、もしもアフィリエイトで1万円を現金化する場合はどうなるのかというと、

例えば、1月に1万円分稼いだとすると、

 

1月に1万円稼ぐ

4ヶ月後の5月末にW報酬で10%上乗せになり11000円振り込まれる

 

こうなります。

 

楽天の場合は6300円、

もしもの場合は11000円です。

その差なんと4700円!!

 

他にも細かいことはいろいろあるのですが、こんがらがってしまうので、

シンプルに言うと1万円を楽天で稼いでも、楽天公式アフィリと、もしも経由では4700円もの違いがあるということになるのです。

 

もしもと楽天公式経由の差額は1万円にも

僕は、現金主義なので、もらえる金額が多い方が絶対的に大切です。

特に、楽天で現金化される際の10%の手数料というのは本当にナンセンス。

 

3月は5万円ほどだったので、楽天公式アフィリだと5000円も手数料で引かれてしまうんです。

 

ですが、もしもはその逆で、W報酬制度というものがあります。

5万円ほどだと、その10%が上乗せされるのです。

これは、もしもアフィリエイトの創業者の方が個人アフィリエイター出身なので、「個人を応援したい」という気持ちから、W報酬制度を取り入れているそうです。

 

楽天公式アフィリだと45000円

もしも経由だと55000円

 

その差1万円、すごい大きいと感じるのは僕だけでしょうか?

これがこの先1年で10万円以上、何年もアフィリエイトを続けると考えるとその差額はとんでもない大きさになってしまいます。

 

4ヶ月先だと見通しがつきやすい

また、最初は4ヶ月先でショックを受けたものの、

よくよく考えてみると、4ヶ月先まで収入の見通しがあるというのは安心感につながります。

もしかしたらこの記事を読んでいる方は、「そんなに稼げてねぇよ!」と思うかもしれませんが、これから自分のブログが大きくなってきて、楽天のアフィリの収入も増えていくと考えてみてください。

 

4ヶ月先に5万円の振込がある

と考えると、安心感があるのは僕だけでしょうか?

 

まとめ

という感じで、長々ともしもの振込やメリットデメリットについて書いてきましたが、僕はこれからももしも経由で楽天を使っていこうと思います。

 

僕的には「一刻も早く現金を手にいれたい」と思う人以外はもしも経由で楽天アフィリをした方がいいと思っています。

 

楽天公式のメリットは「振込が翌々月の10日」のみ

ですから。

 

それに比べてもしものメリットは

・最低金額1000円から振り込まれる(楽天は3000円以上稼がないと現金化できない)

・W報酬で10%上乗せになる

 

この2つがあります。

初心者にとっても、1000円から振り込まれるので現金をもらいやすくなるのはもしもですし、お金も多く受け取れます。

 

最近は1万円上乗せキャンペーンがある

また、これも最近密かにキャンペーンをやっているのですが、もしもは新案件で1万円を超えたら1万円さらに上乗せで振り込む、という大盤振る舞いのキャンペーンをやってます。

f:id:hikiyosesmith:20170406221139p:plain

 

「もしもさん、こんなにお金払って大丈夫なのか?」

と思ったのですが、もしもの社長さんが先ほど言ったように個人アフィリエイター出身ということを知って納得。

 

ほんとうに、個人の人が現金を受け取れるようにいろいろと考えてくれているのが伝わってきます。

 

他にも4月に入ってから、もしも経由の楽天は一律1%の報酬だったのですが、システムを変更して楽天公式アフィリの高料率(2%〜80%)にも対応しました。

以前もしもの記事を書いた時は「もしも経由の楽天は全部1%というのがデメリットだ」と教えてくれた人がいたのですが、そのデメリットも解消。

 

さらに良くなってます。

僕はこれからもしもに要望を出して、楽天の振込をもう少し早くするようお願いしてみます。

 

以上です。

 

楽天のアフィリをもしもにしようとしてる方の参考になれば幸いです。

また、もしもを使ったことがない方は、一度もしもを使ってみてください。他のASPが3000円〜5000円報酬が発生しないと振り込まれない中、1000円で振り込まれるので、初心者のブロガーさん、アフィリエイターさんが現金を手にする感覚が掴みやすいと思います。

 

もしもアフィリエイト公式サイトはこちら▼

がんばる個人のためのアフィリエイト:もしもアフィリエイト無料アフィリエイター登録